Diabelli Variations

ピアノ音楽の金字塔、歴史的怪作が今紐解かれる。兼重稔宏、渾身のデビューアルバム!

Diabelli Variations
ディアベッリ変奏曲

Toshihiro KANESHIG, piano
兼重 稔宏(ピアノ)

3,080円(税込)
Virtus Classics, VTS-019
Barcode : 4589538692797
Release : 2022/10/21

[CD SHOP]
Amazon | タワーレコード | HMV | 楽天

Track List


Ludwig van Beethoven (1770-1827)
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン (1770-1827)
1-34   33 Veränderungen über einen Walzer von Diabelli, Op. 120
ディアベッリのワルツによる33の変奏曲 作品120

Recording Data


Recording :
19-21 April 2022,
The Grand Auditorium, Mie Centre for the Arts, Tsu, Japan
2022年4月19~21日、
三重県総合文化センター大ホール


Recording engineer :
Kotaro Yamanaka / 山中耕太郎 (Rec-Lab)

Piano :
Bösendorfer Model 290 Imperial,
tuned by Katsumi TSUDA / 津田克己 (Bösendorfer Japan)

Comment


この曲と真っ向勝負で向き合った兼重の演奏は実に清々しい。誠実に音楽が求めることを実現させていったからこそ、一点の曇りもなく、誇張もしていないのに、この変奏曲の特殊性が自然と浮かび上がってくる。ひとつひとつの音は明晰でありながら、紡がれた音が集積するとファンタジーをまとい、私たち聴衆に多くのインスピレーションをもたらしてくれる。
(小室 敬幸)

兼重は楽曲を貫く精神を的確に捉え、統一した世界を創り出す。彼の透明感のある音色は複雑に絡み合う楽想からも音楽の方向性を鮮やかに示しており、聴き手にとっても“挑戦”となるこの楽曲の本当の魅力を伝えてくれる。
(長井 進之介)