The Art of Patrick Gallois

Track List

César FRANCK (1822-1890)
セザール・フランク (1822-1890)
1-4   Sonate en la majeur
ソナタ イ長調
 
Gabriel PIERNÉ (1863-1937)
ガブリエル・ピエルネ (1863-1937)
5-7   Sonate en ré mineur, Op. 36
ソナタ ニ短調 作品36
 
Charles-Marie WIDOR (1844-1937)
シャルル=マリー・ヴィドール (1844-1937)
8-11   Suite, Op. 34
組曲 作品34

Recording Data

Recording :
28-30 January 2019,Hibiki Hall, Kitakyushu, Japan
2019年1月28~30日、北九州市立響ホール

Recording engineer :
Kotaro Yamanaka / 山中耕太郎 (Rec-Lab)

Piano :
Steinway D, No.524585, tuned by Yasuo Matsumoto / 松本安生 (Steinway Japan)

Shop

[CD]
Virtus Classics, VTS-007
3,000円(税抜)
Amazon | タワーレコード | HMV | 楽天

Comment

漲る緊張感の中から立ち昇る甘き香り
名手ガロワが全身全霊かけて音楽に立ち向かう

軽妙洒脱…こんな言葉で表現されがちな近代フランスの音楽。しかし、このアルバムに収録された3人の作曲家たちは、ドイツ・ロマン派の潮流を自作に上手く取り入れ、独自の音楽を創り上げています。フランク、ヴィドール、ピエルネ、活動した時期が少しずつ違う3人の作品から見えてくるのは、19世紀から20世紀におけるフランスの音楽風景の推移でしょう。古典的な枠組みの中に「循環形式」を持ち込み、強く主題の訴求を図るフランク、同じく古典的な佇まいの中に意表をつく和声を落とし込み、思いがけない美しさを提示するヴィドール、フランク由来の循環形式の中に、調性の呪縛から解放された息の長い旋律を歌わせ聴き手を幽玄な世界へと誘い込むピエルネ。ガロワと瀬尾は後期ロマン派から印象派へと向かう作品の個性を存分に生かし、新鮮な命を吹き込んでいます。

このアルバムには、19世紀後半のフランスで活躍したフランク、ピエルネ、ヴィドールによる3つの作品が収められています。いずれもフルーティストのレパートリーに重要な位置を占める存在であり、そのうち2曲はもともとヴァイオリン・ソナタとして書かれたものですが、フルートのための編曲版もオリジナルの形に劣らぬだけの人気と演奏頻度を誇っています。ガロワは3つの作品にじっくり向き合い、これらの曲をフルートで演奏することの意義を探求。19世紀から20世紀に移り変わる時代の音楽が持つ繊細なハーモニーを生かし、巧みな息使いで作品に新しい命を与えました。ピアノを担当するのは、ガロワの信頼厚い瀬尾和紀。前作「パリ音楽院卒業試験曲集」ではフルーティストがピアノを演奏するという驚きを持って迎えられた瀬尾、今作でもフルートを知り尽くした彼ならではの「伴奏の域を超えた」細やかなアンサンブルを披露します。(NAXOS JAPAN)