Dmitry SHOSTAKOVICH

Track List

Dmitry SHOSTAKOVICH (1906-1975)
ドミトリー・ショスタコーヴィチ (1906-1975)
 
1-4   Symphony No. 11 in G Minor, Op. 103, "The Year 1905"
(arrangement for piano 4 hands by composer)
交響曲 第11番 ト短調 「1905年」 Op. 103
(作曲者自身によるピアノ4手連弾版)
 
5 Refrain - Ending of IV. The Tocsin, extra version
同曲終楽章より「警鐘」終結部(エキストラ・バージョン)
 
6 Tahiti Trot, Op. 16
(transcription of Youmans ' "Tea for Two")
タヒチ・トロット(二人でお茶を)Op. 16

Recording Data

Recording :
14-16 February 2017, The Grand Auditorium, Mie Centre for the Arts, Tsu, Japan
2017年2月14~16日、三重県総合文化センター大ホール

Recording engineer :
Kotaro Yamanaka / 山中耕太郎 (Rec-Lab)

Piano :
Steinway D, No.527825, tuned by Yasuo Matsumoto / 松本安生

Shop

[CD]
Virtus Classics, VTS-003
3,000円(税込)
Amazon | タワーレコード | HMV | 楽天

[Streaming]
Naxos Music Library (global) | ナクソス・ミュージック・ライブラリー (Japan)

Comment

張りつめた空気、戦慄の惨劇、そして革命歌。
待望の世界初録音!

「まだ誰も録音していないショスタコーヴィチを弾いてみないか?」この髙沖秀明氏の言葉から始まったというプロジェクト。数多くの難曲をレパートリーに持ち、常に新しいレパートリーの探求を続けることで(時には自身で編曲も行うほど)、「進化系デュオ」と異名を取る伊賀あゆみ&山口雅敏の2人にとって、このプロジェクトがどれほど魅力的であったか想像もつきません。譜面を手にした彼らは、すぐに演奏に取り組みますが、難題にも突き当たります。テクニカルな問題はやすやすとクリアした彼らでしたが、この作品の重要なファクターである「第4楽章の最後で鳴らされる象徴的な鐘の音」がショスタコーヴィチの譜面には記載されていなかったのです。
そこで彼らは自ら鐘の音を再現する試みを行いました。そして、トラック5に付け加えられたヴァージョンは、彼らが導き出した結果の一つです。様々な思いが込められた交響曲 第11番Op.103のピアノ連弾版。オーケストラで聴く《1905年》とは全く違う、ピアノの響きのみが醸し出す緊張感に満ちた静寂と、音の交錯が聴きものです。もちろん世界初録音です。(NAXOS JAPAN)