Couleurs à la française

Track List

Camille SAINT-SAËNS (1835-1921)
カミーユ・サン=サーンス (1835-1921)
1   Fantaisie, Op. 124
幻想曲 Op. 124
 
Gabriel FAURÉ (1845-1924)
ガブリエル・フォーレ (1845-1924)
2   Vocalise-étude (Pièce)
ヴォカリーズ・エチュード(小品)
3   Après un rêve - extrait de « Trois mélodies, Op. 7 »
夢のあとに ~3つの歌曲 Op. 7より 第1曲
4   Berceuse, Op. 16
子守歌 Op. 16
5   Sicilienne, Op. 78
シシリエンヌ Op. 78
6   Morceau de concours
コンクール用小品
 
Érik SATIE (1866-1925) / arr. Toru TAKEMITSU
エリック・サティ (1866-1925) / 武満徹編曲
7   Le fils des étoiles - Prélude du 1er Acte : « La vocation »
星たちの息子~第1幕への前奏曲 「天職」
 
Claude DEBUSSY (1862-1918)
クロード・ドビュッシー (1862-1918)
8   En bateau - extrait de « Petite suite »
小舟にて ~小組曲より 第1曲
 
Maurice RAVEL (1875-1937)
モーリス・ラヴェル (1875-1937)
9   Vocalise-étude en forme de habanera
ハバネラ形式の小品(ヴォカリーズ・エチュード)
10   Kaddisch - extrait de « Deux mélodies hébraiques »
カディッシュ ~2つのヘブライの歌より 第1曲
 
Jacques IBERT (1890-1962)
ジャック・イベール (1890-1962)
11   Entr'acte
間奏曲
 
Joseph CANTELOUBE (1879-1957) / arr. Fabrice PIERRE
ジョゼフ・カントルーブ (1879-1957) / ファブリス・ピエール編曲
12   La Delaïssado (La Délaissée) - extrait de « Chants d'Auvergne »
捨てられた女 ~オーヴェルニュの歌 第2集より 第4曲
 
Jean-Michel DAMASE (1928-2013)
ジャン=ミシェル・ダマーズ (1928-2013)
13   Variations « Early Morning »
アーリー・モーニング変奏曲
 
Bernard ANDRÈS (1941-)
ベルナール・アンドレス (1941-)
14   Narthex
ナルテックス

Recording Data

Recording :
29 April - 1st May 2019, Sagamiko Koryu Center, Kanagawa prefecture, Japan
2019年4月29日~5月1日、神奈川県立相模湖交流センターホール

Recording engineer :
Kotaro Yamanaka / 山中耕太郎 (Rec-Lab)

Shop

[CD]
Virtus Classics, VTS-011
3,000円(税込)
Amazon | タワーレコード | HMV | 楽天

[Streaming]
(under preparation)
Naxos Music Library (global) | ナクソス・ミュージック・ライブラリー (Japan)

Comment

聴き手を未知の世界へといざなう、柔らかく解けあう繊細な響き
フルートとハープ。モーツァルトの協奏曲でもおなじみの、この楽器の組み合わせから生まれる極上の響きは、とりわけ18世紀以降のフランスで人気を博し、2つの楽器のために数多くの作品が生まれてきました。このアルバムでは、ともにパリ音楽院で学んだフルートの瀬尾和紀とハープの福井麻衣が共演、「フランスのエッセンス」を知り尽くした2人が多彩な響きを音色を駆使し、フランス近代のデュオ作品を心行くまで聴かせています。
アルバムの収録曲は、どれもフルートとハープのための基本的なレパートリーですが、作曲家の生年をほぼ追って並べられた1曲1曲には、強いこだわりと優れたセンスが感じられます。サン=サーンスやフォーレのふんわりとした優しい曲から、随所に東洋的な雰囲気も含むラヴェルやサティ、ハープの特殊奏法がふんだんに用いられた「ナルテックス」まで、19世紀から20世紀フランス近代音楽の流れも体験できることでしょう。
お互いの個性を尊重しながら、対話と主張を繰り広げる瀬尾と福井の演奏は、聴き手の心をはるか遠い世界へといざないます。(NAXOS JAPAN)